霜降重工 広報部

当社主力事業「旅・聖地巡礼業」「エンジニアリング事業」「隊長業」等の活動報告を行っています。

15日間で行く!青森・北海道・ロシアの旅(1日目:仙台編)

9/7(金)から15日間で青森、北海道、ロシアなどを旅してきました。そんな旅行記です。
既に出発から1ヶ月が経とうとしているのが信じられません。マジかよ。

 

~お品書き(予定)~

1日目 9/7日(金):仙台編 ←イマココ
2日目 9/8日(土):水沢・三沢編(作成中)
3日目 9/9日(日):竜飛編(作成中)
4日目 9/10日(月):青森温泉巡り編(作成中)
5日目 9/11日(火):函館編(作成中)
6日目 9/12日(水):札幌・北小樽編(作成中)
7日目 9/13日(木):南小樽・三笠編(作成中)
8日目 9/14日(金):宗谷編(作成中)
9日目 9/15日(土):稚泊編(作成中)
10日目 9/16日(日):ユジノサハリンスク編(作成中)
11日目 9/17日(月):野寒布編(作成中)
12日目 9/18日(火):旭川編(作成中)
13日目 9/19日(水):夕張編(作成中)
14日目 9/20日(木):仙台港・太平洋フェリー編(作成中)
15日目 9/21日(金):名古屋港編(作成中)

 

出発

今日は残っていた18きっぷの最後の1回を使って仙台に行きます。いわゆる移動日です。仙台までは直線距離で500km、実際に乗車するのは750km超。

最寄りの大垣駅に着いたというのに、これから半月の旅に出るという実感がサッパリない。大丈夫なのか……???

f:id:Reif_FHI:20181005214553j:plain
大垣駅改札。大垣駅JR東海の主要なターミナル駅のひとつ。始発列車が上り豊橋行き05:01発、下り米原行き05:23発と比較的早く18キッパーには嬉しい。

f:id:Reif_FHI:20181005215921j:plain
あたりはまだ暗い。だんだん日の出が遅くなっていき夏の終わりも近づいてくるけれど、旅が始まったばかりの水島の夏はまだまだこれから。

 

とりあえず東京

大垣駅の上り始発列車、豊橋行き05:01発に乗って東進します。
仙台まで行くとはいえ、水島はよく在来線で東京まで行くので経路の半分以上は慣れた車窓。余裕だぜ。


出発前ギリギリまで荷造りしてたこともあり、余裕ぶっこいてたら眠くなってきた…………スヤァ(。-ω-)zzz
……ハッ(。゚ω゚) 気づいたら西小坂井。よく寝た。豊橋はもう目の前!

 07:07豊橋駅着。

f:id:Reif_FHI:20181005224642j:plain
愛知県の東の玄関口、豊橋。こんな時間なので通勤通学客でいっぱい。

駅員さんにお願いして18きっぷに下車印を頂き、改札口だけ撮影して急いで乗り換えます。07:11豊橋始発の熱海行きに乗車。

 

豊橋を出て2駅もすればそこはもう静岡県
18キッパーにとって静岡県といえば東の鬼門*1。乗っても乗ってもずーーーーっと静岡。ひたすら静岡。快速なんてものはないので普通列車に揺られてちびちび東に進みます。

とはいえ水島は東京行き過ぎて慣れてしまったのでお手の物。確かに静岡は東西に長いけれど、熱海行きに乗ってさえしまえば乗り換えなしの3時間で静岡の東の端まで到達できちゃいます。ということでまた……(´ω`)スヤァ

 

……ハッ(。゚ω゚) 「次は静岡、静岡」のアナウンスで目覚める。この列車は08:57に静岡に到着してから10分停車します。この隙に下車印を確保。

f:id:Reif_FHI:20181005230250j:plain
静岡駅北口のバスターミナルにさくらももこ先生の「静岡市はいいねえ。」を発見。

この旅に出る23日前に亡くなられたばかりのさくら先生は静岡市清水区のご出身。一時期中日新聞で4コマ漫画を連載されていたこともあり、少し親近感があります。ご冥福をお祈りいたします。

 

列車に戻り再び東進。静岡でほとんどの人が降りたのでゆったりとしています。途中の沼津で降りたくなったけどガマンして熱海へ。

10:21熱海着。

f:id:Reif_FHI:20181005231548j:plain
熱海駅前には無料の足湯があります。いつも混んでる気がする。

 

10:37熱海始発の上野東京ライン古河行きに乗車し小田原へ。定刻の11:00に到着したら今度は11:04小田原始発の湘南新宿ライン特別快速高崎行きに乗り換え、11:33に大船着。

途中、真鶴あたりで東京まであとどれくらいかとおじいさんに声を掛けられました。よくよく聞いてみるとまさかの同郷、大垣のお住まいで、水島と同じ経路でここまで来たそう。まさかの出会いに驚き。

大船では11:36発の上野東京ライン宇都宮行きに乗り換え。これで一気に神奈川、東京、埼玉、茨城を抜けて栃木に突入します。おじいさんとは新橋までご一緒しました。詳しい話はまたどこかで。

大宮以北は乗ったことの無い初体験ゾーンですが、またも睡魔に襲われ眠ってしまいました……(¦3[___]スヤァ

 

ギョーザの国

約1時間のスヤァから目覚めるとそこは自治医大駅。ついに初栃木!上野東京ラインも辺境(失礼)まで来るとずいぶん閑散としています。
15分ほど揺られて終点宇都宮駅に到着。時刻は14:08。

f:id:Reif_FHI:20181006154405j:plain

宇都宮といえばギョーザ!しかし水島は基本的に中華系の料理がニガテという偏屈な舌を持っているためギョーザには一切興味がありません。お前何しに宇都宮来たんだよ。

せっかく宇都宮に来たので代わりに名物レモン牛乳を調達。栃木乳業の製造。

f:id:Reif_FHI:20181006154817j:plain
ぶどう牛乳もあった。どっちもむちゃくちゃ甘い。

f:id:Reif_FHI:20181006171147p:plain
駅構内にはとちぎテレビのご当地萌えキャラ、「まろに☆え~る」の広告も。

【公式】まろに☆え~る@まろらじ放送決定 (@marronni_yell) | Twitter

 

まだまだ北上します。14:20宇都宮始発黒磯行きに乗車。

f:id:Reif_FHI:20181006155418j:plain
宇都宮駅の発車ホームに駅そばを発見。旅情をかきたてる駅そばは好きです。今度来たときは食べたい。

 

鬼怒川を渡ったのち、「なんで氏家と喜連川が合併したのに『さくら市』とかいう訳分からん地名になるんだよ!!!!」とブチギレたり、レモン牛乳の正式名称が「関東・栃木レモン」らしいことにへぇボタンを押したり、広がる田園を眺めたりしていたらいつの間にか黒磯駅に到着。時刻は15:10、50分の乗車でした。

f:id:Reif_FHI:20181006161538j:plain
いわゆる「宇都宮線」はここ黒磯まで。この先は単に「東北本線」と案内されます。

f:id:Reif_FHI:20181006161654j:plain

f:id:Reif_FHI:20181006161731j:plain
駅前は工事中。

黒磯駅構内のNewDaysでメロン牛乳を見つけたので購入。メロン味は期間限定らしい。

f:id:Reif_FHI:20181006162338j:plain
買ってから気づいたけどつくってるのドトールだった。オイ!!!!!!
パッケージが円筒形のやつはドトール製らしい。

 

15:20黒磯始発の東北本線新白河行きで人生初の東北地方にむけて出発。

f:id:Reif_FHI:20181006164930j:plain
メロン牛乳みたいなカラーリングだなお前。

 

初!東北地方

新白河駅まではたった5駅、25分。新幹線も停車するみちのくの玄関口です。定刻の15:45に到着。

f:id:Reif_FHI:20181006165854j:plain
さて、この新白河駅。実は白河市にはありません。所在地はお隣の西郷村です*2
奥に見える東横イン西郷村。日本で唯一の"村"にある新幹線停車駅です。

f:id:Reif_FHI:20181006171746j:plain
白河だるまの奥に観光案内所がありますが、よく見ると入り口にご当地萌えキャラの「小峰シロ*3の立て看板が確認できます。存在は前から知っていたものの、乗り換えが9分しかなく急いでいたため訪問時には見逃していました。くやしい…………

小峰シロ (@komineshiro) | Twitter

 

15:54新白河始発福島行きに乗車。まもなくして白河市の中心駅、白河駅に到着すると左手の車窓に白河小峰城が見えています。日本百名城。

f:id:Reif_FHI:20181006172853j:plain
歴史都市白河、いつか観光に来たい。

 

白河、矢吹、鏡石、須賀川などでどんどん高校生を乗せ列車はずいぶんと混みあってきました。ちなみに須賀川市は大垣から直線距離でほぼ400km。なかなか遠くまで来ました。

福島行きの列車は途中の郡山で12分停車します。この日は2分遅れのため10分停車となりましたが、下車印を確保し駅前の状況を確認するには十分な余裕。

f:id:Reif_FHI:20181006174847j:plain

f:id:Reif_FHI:20181006174355j:plain
郡山市中通り地域のど真ん中に位置する、いわき市に次いで県内第二の人口を誇る重要な都市。鉄道は東北新幹線東北本線磐越東線磐越西線水郡線が乗り入れており、交通の要衝でもあります。

f:id:Reif_FHI:20181006174811j:plain
さすがは人口33万を擁する福島経済の中心地。駅前も発展している印象。
人口34万のいわきは臨海工業と漁業の街、同29万の福島は行政の街と、福島県では主要3市で性格が異なります。

f:id:Reif_FHI:20181006180024j:plain

f:id:Reif_FHI:20181006180048j:plain
若松行きたいけどガマン。さっきまで乗ってきた東北本線に戻ります。16:45郡山発。

 

金谷川で福島大の学生らしき若者がいくらか乗り込んでくると、まもなく列車は終点福島に到着。時刻は17:32。福島始発仙台行きが17:35発と3分しかないため、さすがに駅前の確認はできず下車印だけ頂いて急いで乗り換え。これが仙台までの最後の乗り換え……!

 

仙台到着

宮城県に突入すると栃木以来の睡魔くんと再会し、白石から槻木までスヤスヤ。岩沼、名取と仙台都市圏のベッドタウンを抜ければついに…………

f:id:Reif_FHI:20181006183852j:plain
仙台ーーーーーーーー!!!!!!!!!!!

f:id:Reif_FHI:20181006184016j:plain
大都会ーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!

f:id:Reif_FHI:20181006184038j:plainヒューーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

8回の乗り換えを経て予定通りの定刻18:58に仙台着。大垣を出てから約14時間の鉄道旅でした。本当はこの先岩手県の北上までは行けるのだけど、今日はここで夜を明かします。

 

仙台に来たらやっぱりコイツを食べにゃならんだろう。

f:id:Reif_FHI:20181006184618j:plain
牛タン。

f:id:Reif_FHI:20181006184711j:plain
めちゃ並んでる。金曜の夜というのも関係あるだろうか。65分待った。

f:id:Reif_FHI:20181006184739j:plain
優勝!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

めちゃくちゃうまかった。牛タンは人権。仙台愛してる。

 

仙台西口

仙台市街地の中心は牛タンを食べた東口ではなく西口。どうせ18きっぷで乗り放題なので、仙台駅からあおば通駅まで仙石線に乗車。仙台駅からあおば通駅まではなんとたった400mしか離れていない。

f:id:Reif_FHI:20181006190521j:plain

f:id:Reif_FHI:20181006190500j:plain

f:id:Reif_FHI:20181006190551j:plain
仙石線では石ノ森ラッピング列車に遭遇。

仙石線は仙台と石巻を結ぶ路線。漫画家石ノ森章太郎宮城県北部の登米市の出身で、その南に位置する石巻市では"萬画"による振興を図っています。石巻は翌日に立ち寄ったので詳しくはそちらの記事(作成中)を見てね♡

f:id:Reif_FHI:20181006192258j:plain

f:id:Reif_FHI:20181006192414j:plain

f:id:Reif_FHI:20181006192633j:plain
仙台が誇る日本最大のペデストリアンデッキ。駅周辺の各地を結んでいます。

 

利府支線

宿泊費をなるべく安く済ませるため、この旅はネカフェ泊が基本。現在おおよそ21時半。ネカフェはふつう時間課金制だからもう少し時間をつぶしたくて、東北本線利府支線に乗って利府町まで往復することに決定。

まずは仙台駅から東北本線の小牛田行きに乗って2駅先の岩切駅まで。

f:id:Reif_FHI:20181006193504j:plain

f:id:Reif_FHI:20181006193552j:plain
岩切駅。工事中でした。橋上駅舎にするとか。
駅員さんいらっしゃれば下車印頂けないかと思ったけど窓口は21時までのよう。残念。

 

25分待って利府支線の列車に乗車。新利府、利府と2駅だけの盲腸線で、仙台とベッドタウン利府町を結んでいます。

f:id:Reif_FHI:20181006195142j:plain

f:id:Reif_FHI:20181006195207j:plain
22:41利府駅着。窓口営業は岩切と同じく21時までみたいですが、なぜか有人改札が開いてたのでお願いして下車印を入手。

「途中下車印」、その名称からして「途中下車」という行為が可能である「途中駅」たる駅にしか置いてなさそうな印象がします。しかし連続乗車券を補充券で発券すると1枚の券片で発券されるらしく、したがって折り返し駅まで到達したか否かを区別できるように「盲腸線の終着駅」にも下車印が用意されているそうです。へぇ~~~

f:id:Reif_FHI:20181006195244j:plain
利府駅前には飲み屋街も。

 

しばらく利府駅前をふらふらした後、22:54利府始発の最終列車仙台行きに乗車して仙台に戻りました。来るときに乗ってきた列車の折り返しです。

仙台に戻ったのち、23時半頃には西口側にあるネカフェに入店。シャワー無料でありがたかった。仙台愛してる。

今日の旅はここまで。明日は青森まで向かいます。

 

18きっぷ

この夏使った18きっぷはこんな感じになりました。

f:id:Reif_FHI:20181006201556j:plain
このうち今回の旅で頂いた下車印は豊橋、静岡、熱海、宇都宮、黒磯駅新白河、(北)郡山、(北)福島、仙台、あおば通利府駅の11駅でした。
下車印の対応頂いた駅員さん本当にありがとうございました。

 

宣伝

霜降重工は2018年12月31日のコミックマーケット95に鉄道・旅行・メカミリ島で申し込んでいます。
当選すればブログに書いているこの旅の旅行記を大幅に増補した本が出る予定です。よろしくお願いします!!!

f:id:Reif_FHI:20181006202545p:plain

 

 

[使用カメラ]
Panasonic LUMIX DMC-LX100
Huawei P9
(現像なし)

 

*1:西の鬼門は広島県

*2:厳密にはホームの北の端だけギリギリ白河市にかかっている。

*3:かわいい

厳島・厳島神社(広島県廿日市市)【島巡りその2】【社寺巡りその2】

【島巡りその2】兼【社寺巡りその2】、広島県廿日市市厳島厳島神社です。'17/3/13訪問。天気は残念ながら曇り。

 ☆☆☆☆☆

安芸の宮島」とか単に「宮島」とか呼ばれたりする厳島ですが、これらは通称で正式には「厳島」です。

国宝の「厳島神社」を中心とした著名な観光地である厳島は島全体が世界文化遺産に指定されており、古くから信仰の対象とされてきました。厳島神社を中心とした景観は「日本三景」としても有名です。加えて島全域が瀬戸内海国立公園に指定されています。

厳島の場所はここ。

大きな地図で見る

[厳島の基本データ]
・最高峰:弥山*1 標高535m
・北端:聖崎
・南端:革篭*2
弥山以外の主要な峰として駒ヶ林(509m)、岩船岳(466.3m)が挙げられると思います。

☆☆☆☆☆

厳島へはJR西日本宮島フェリー宮島松大汽船宮島口桟橋*3-宮島桟橋間で旅客船を運航しています。下の写真はJRの乗り場。写ってないですが向かって左に隣接して松大汽船の乗り場もあります。
f:id:Reif_FHI:20170324211443p:plain

JR宮島フェリーと松大汽船はどちらも所要時間約10分で大人片道180円、小人片道90円です(往復は倍額)。自動車・自転車・バイクの運賃も同じです。じゃあどっち選んでもいいのん...?というお話ですが、それぞれ以下のような利点があります。

[JR宮島フェリー]
・特定の時間の往路に大鳥居便(所要時間同じ)を運航しており、海側から厳島神社の鳥居を眺められる
・松大汽船より始発が早く終発が遅い
・多客期(1月1日-10日、3-5,7,8,10月、12月21日-31日)を除いて団体運賃が安い(多客期は松大汽船と同じ)
青春18きっぷでも乗れる

[松大汽船]
広島電鉄一日乗車乗船券で乗船できる(松大汽船が広島電鉄グループのため)
広島電鉄一日乗車乗船券の呈示で宮島ロープウエーの運賃が割引になる

私は今回往復ともJR宮島フェリーを利用。
行きも帰りも4代目みやじま丸でした。2006年5月就航の旅客船です。
f:id:Reif_FHI:20170325192006p:plain

マジ病み(違う)
f:id:Reif_FHI:20170325192356p:plain

コイツは帰り際に停泊していた3代目ななうら丸。よく見るとみやじま丸とはデザインが違うのが分かります。2016年11月就航のニューフェイスです。
f:id:Reif_FHI:20170325203050j:plain

先に挙げたJR宮島フェリーの大鳥居便。こんな感じに見えます。船上から大鳥居を見たい方は乗船してすぐに2階右前方に向かい待機しましょう。
f:id:Reif_FHI:20170325205048p:plain

☆☆☆☆☆

島上陸。

鹿。
f:id:Reif_FHI:20170325222904j:plain

ちょっとお兄さんなに食べてんすか...
f:id:Reif_FHI:20170325223039j:plain

お兄さんのぷりけつ。
f:id:Reif_FHI:20170325223115j:plain

Yes。厳島といえば鹿ですね。奈良公園ほどではないかもしれませんがそこらじゅうにいます。

☆☆☆☆☆

しゃもじ。大きい。
どのくらい大きいかというと、画面中央少し左あたりの柵の隙間からのぞいて見える、しゃもじの下に散らばってる粒つぶが賽銭マネーです。比べて察してください。
f:id:Reif_FHI:20170325224005j:plain

これ好き。たしか宮島郵便局のあたりで見かけました。
f:id:Reif_FHI:20170325224035j:plain

Yes。厳島といえばしゃもじですね。調理器具専門店ほどではないかもしれませんがそこらじゅうにいます。

☆☆☆☆☆

厳島神社
正式には「厳」に旧字体を用いて「嚴島神社」と表記するようです。

祭神は市杵嶋姫命*4田心姫命*5湍津姫命*6。3柱とも海の女神とか航海の女神とかいわれているようです。また3柱合わせて宗像三女神と称され、福岡県宗像市宗像大社の祭神でもあります。
さらに市杵嶋姫命は神仏習合によって仏教弁才天と同一視されるようになったため、厳島神社は神奈川県藤沢市江島神社および滋賀県長浜市の都久夫須麻神社(竹生島神社)と合わせて「日本三大弁天」にも数えられます。
仏教の「弁才天」なのに三大弁天がすべて「神社」なのは神仏習合と理解していても変な感じがしますね...
そういえば日本三大弁天はすべて島にありますね...!市杵嶋姫命が海の神であることと関係があるかもしれません。(もっとも江の島は陸繋島ですが...)

また厳島神社は安芸一宮でもありました。
昇殿料は大人300円、高校生200円、小中学生100円。

大鳥居。潮の満ち引きによって鳥居のたもとまで行けたり行けなかったりします。潮が満ちているのと引いているので異なった趣があるので時間があればどちらも見てほしいなあと思います。
f:id:Reif_FHI:20170325235350p:plain
鳥居を構成する部材のうち地面に平行なものを笠木・島木(最上部の部材)および貫*7といい、それらに挟まれるようにして存在する「看板」を扁額*8といいます。この扁額にはたいてい神社の名前が書いてありますが、厳島神社の大鳥居では海側が「嚴嶋神社」、社殿側が「伊都岐島神社」となっています。

東廻廊、朝座屋*9と揚水橋*10の間より。
f:id:Reif_FHI:20170325235358j:plain

平舞台より。
f:id:Reif_FHI:20170325235401j:plain

そういえばH29/1/20からH29/7/31の日程で廻廊修復工事を行っているらしく、行ったときにも昇殿受付からすぐにのところが工事中で臨時迂回路が設置されていました。

☆☆☆☆☆

超芸術トマソンの無用階段?
f:id:Reif_FHI:20170326165850j:plain

 置いてあったごみ。検索したら見つかりました(中国語読めない)。
f:id:Reif_FHI:20170326171143j:plain
每日坚果(DailyNuts)。沃隆(wolong)がメーカー名?沃隆は日本語だと「臥龍」という意味らしい。かっこいい...

 

以上です。弥山に登ったり島中ぐるぐるウロウロしたりしたかったのですが1人での訪問ではなかったので断念...また来ます。

 

島巡り:つぎ
no entry

島巡り:まえ

 

社寺巡り:つぎ
no entry

社寺巡り:まえ

 

*1:みせん

*2:こうご

*3:JR山陽本線宮島口駅より徒歩5分強

*4:いちきしまひめのみこと

*5:たごりひめのみこと

*6:たぎつひめのみこと

*7:ぬき

*8:へんがく

*9:あさざや

*10:あげみずばし

本州【島巡りその1】

島巡りその1、本州です。

言うまでもないですが場所はここ。

大きな地図で見る

今後島巡りをするにあたって、本州を「島」と認めないのはおかしいだろうということで一応この記事を書いておきます。「島面積20傑」で調べると国土地理院によるランキングのPDFがヒットします*1が、ここに本州が載ってるので本州はれっきとした「島」です。というかアフロ・ユーラシア大陸、アメリカ大陸、オーストラリア大陸南極大陸の4大陸を除く陸地はだいたい島なのでやっぱり本州は島です(説明が雑!)。本州は島。うんうん、甘美な響きだ。今日は日本が島国ということだけでも再認識して帰ってください。...しかし本州は「本土」なので「離島」ではありません。

これ以上特に書くことがないので終わります。いいですか、本州は島ですよ。

 

島巡り:つぎ

 

谷汲山華厳寺(岐阜県揖斐郡揖斐川町)【社寺巡りその1】

社寺巡りその1です。
唐突に行きたくなったので友人を引き連れて行きました。'17/3/8訪問。
天気がよくなかったので全然写真撮ってません。

 

谷汲山華厳寺(たにぐみさんけごんじ)は岐阜県揖斐郡揖斐川町にある天台宗の寺院です。天台宗やその開祖である最澄の名前は中学校の歴史の授業で出てきた気がするので覚えてる方も多いかもしれません。
京都の鈴虫寺こと妙徳山華厳寺とは違います。あちらは臨済宗

場所はここ。

大きな地図で見る

青岸渡寺(和歌山県東牟婁郡那智勝浦町)に始まり三重を除く近畿地方の各府県を巡る西国三十三所霊場ですが、その最後に辿り着くのが第三十三番札所であるここ華厳寺です。西国三十三所の結びの地というわけです。(なお華厳寺は唯一近畿地方にない西国三十三所の札所です)

西国三十三所はみな観音信仰のお寺なので華厳寺も本尊は観音さまです。

 

奥が本堂です。
f:id:Reif_FHI:20170310005406j:plain

せっかくだし奥の院まで足を延ばすか~~なんて思って山道を登ってたらすぐに雨のようなみぞれのような何かが降り始めました。この日の朝には美濃の平野部でも雪がうっすら積もる程度に雪が降ってたんですが、華厳寺は山の方にあるので場所によっては数cm積もってるところもありました。それが雨で解けてこのザマ...足元悪くて下山に不安を感じたので仏に無事帰しておくれ~~!!!と祈りながら道半ばで下山しました。命に別状はありませんでしたが靴と靴下は助けてくれませんでした。
f:id:Reif_FHI:20170310011533j:plain

謎の象さん。ガネーシャ...?って最初思ったんですがそれはヒンドゥー教...
調べてみたらお釈迦さまのお母さんの夢に現れてお釈迦さまの誕生を予言しただとか、白象にはいろいろ説話があるみたいです*1
f:id:Reif_FHI:20170310015541j:plain

菊花石が安置してある近くで撮りました。寒緋桜系の桜かなあと思ったんですが花弁が多いですしよくわかりません...
f:id:Reif_FHI:20170310011537j:plain

 

最後に駐車場の情報。下の地図にピンで示した山門前交差点からいかにも参道っぽい雰囲気が漂いはじめます。(この参道では時期を選べば桜や紅葉も楽しめます)

山門前交差点から北に参道を走っていくと下の地図にピンで示した立花屋旅館があります。県道251号線はこれより北にも続いているようにGoogle Mapには書いてありますが、旅館のすぐ西隣の二股に道が分かれている点に仁王門があり、251号線はここが終点となります(北進できません)。

251号線はここで終点ではありますが、道自体は行き止まりではありません(最初行き止まりかと思って焦った)。二股に分かれたうちの西側の道は広くはないですがさらに北進できます。この道に入り、すぐ左手に現れるのが華厳寺の駐車場です。無料でした。(調べたところ平日は無料みたいですが休日は有料かも...?)

(17/03/22追記)
f:id:Reif_FHI:20170322212037p:plain
地理院地図は詳細な建物の状況まで載っているのでこちらも掲載。上図中赤の点が仁王門、青の点のあたりが駐車場です。
(追記ここまで)

この無料駐車場に辿り着く前に参道沿いにいくつか民間の駐車場がありますが、いずれも300-400円と書いてありました。こちらは平日でも有料かもしれないのでお気を付けください。

 

ぜひ華厳寺へお越しください!

 

社寺巡り:つぎ

 

サンクリ72ありがとうございました

遅くなりましたがサンクリ72 & スク☆ぷち エテルノランドお疲れさまでした。スペースに来ていただいた皆様、スクぷち主催の方々、お話させていただいた方々、その他関係者の皆様本当にありがとうございました。
当サークルとして初のサークル参加でしたが、少部数ながら無事完売できました。

今回、この↑記事でご案内していた内容を少し改めて
「スクスト×機械学習 -Chainerを用いたDeep Learningによるアルタイル・トルテの顔認識- [第1稿]
として30部弱頒布させて頂きました。

 

諸々のお詫び

いろんな点で申し訳ない感情でいっぱいなので、みっともないながらせめて顛末と言い訳を書きます。長いうえに面白くないです。

・サークル参加大遅刻
初めてのサークル参加のくせにサークル入場締切10:30に遅刻するだけではなく、頒布開始も開場1時間半後の12:30頃となってしまいました。これに関して顛末と言い訳を書きます。

そもそも脱稿したのがサンクリ当日朝6時でした。この時点でまだ岐阜の自宅にいたので印刷を現地でする覚悟を決めて急いで支度して自転車で駅までとばし、JR東海道線0719大垣発に飛び乗りました。名古屋で東海道新幹線に乗り換え品川へ、品川で乗り換えがうまくいって1004池袋着の山手に乗れそうでしたが有楽町駅線路内立入による遅延に巻き込まれて池袋着が1015頃。そもそもこの時点で(印刷が終わってても)サークル入場に間に合うか微妙です。アホ。

ここで、印刷を先にしなければならないので池袋東口キンコーズへ。ここが鬼門でした。30分くらいで印刷終われるかなーと思っていたのですがなぜか2時間弱拘束されてました。大手サークルかよ...

1215頃にキンコーズから脱出できたのでサンシャインへ急ぎ頒布物チェックを受けて、1230過ぎにやっと頒布開始できたという流れでした。

以上、皆様お察しの通りどう考えても脱稿した時間が悪いんですけれども、これに関して言い訳させてください。本当は新刊に係る作業を1月から余裕をもって進めておくつもりだったのですが、インフルエンザと胃腸風邪を併発したりして1月の進捗は芳しくありませんでした。そうして2月に入るとすぐに期末試験が襲い掛かり、流れるように卒論第2稿,第3稿,...の締切と殴り合い、あれよあれよとサンクリの週になってしまいました。この週も卒研発表の準備を並行して進めなければならなかったので、結局サンクリ物のみに集中して時間を割けたのはサンクリ前日~当日早朝のみでした。
とどのつまり私に計画性が無かったというわけです。ごめんなさい。

・未完成の新刊
新刊ですが、未完成のままの頒布となってしまいました。ざっと挙げるだけでも
(1)4.7,4.8節が書けていない
(2)十分な未知データに対して実験できていない/考察が不十分
(3)ソースコードを載せられていない
(4)皆さんにDeep Learningを試してもらうための環境設定の説明が書けていない
(5)細部の修正ができていない
が挙げられます。これに関して顛末と言い訳を書きます。

(1) 1-4章は基本的に1月と2月の頭で書いていましたが、このままの進捗では最も重要な実際に実験してみるページが書けないはめになりそうだったので5章のとりあえずの完成を優先しました。この結果4章が未完成で1-4章に渡って推敲が不十分なものとなってしまいました。
(2) (1)の通りです。
(3) ソースコードが汚すぎて載せられる代物じゃありませんでした...そのうち整形して載せたい...です。
(4) (1)の通りです。
(5) (1)の通りです。
...大体計画性が無かったせいです。そこに尽きます。ごめんなさい。

 

今後のこと

とりあえず未完成のままでは悔しいので、きちんと完成させて何らかの形で公開したいです。そういう意味での [第1稿] という表記でした。しかし詳細は全く決まっておりません。長い目で見て頂ければと思います。

 

 

 

 

※上の3ツイートに関して日本語が分かりにくいような気がしたのでさらに補足です。
「ネットワークの推論のしくみは(人間のそれと同様に)謎が多いが、少なくともDeep Learningネットワークは何らかの特徴を自動で抽出して推論の根拠としている。ここで、ネットワークの各層がどのような特徴を抽出しているか(どのような特徴に反応しているか)を明らかにできれば推論結果をより詳細に考察できるだろう」という意味でした。

というか2つめのツイートに
「しかし論理的判断は何らかの「特徴」を元にするものであることには異論はないだろうと思われます。これはキカイも同じです。ここで、他の機械学習手法では...」
と赤字の文を入れるだけで読みやすさが格段に上がるような...

 

ちなみに1冊あたり200円強の赤が出てました()

サンクリ72お品書き

タスク詰まりまくりでイベント直前なのにまだ新刊完成してませんが取り急ぎお品書きをば。

f:id:Reif_FHI:20170224031618p:plain

源五郎(@Gegege_no_ge19)さんからの委託物はいずれも1桁しか数がありません。私の本は50部弱くらい用意するつもりです。

新刊落ちたらごめんなさい...追い込みがんばります...............

 

 

テーマはorigin.です。

コミックマーケット92に申し込みました

今年の夏コミに申し込みました。ジャンルコードは611「鉄道・旅行・メカミリ」で申し込んだので、受かったら2日目(8月12日(土))にいます。

新刊は「聲の形巡礼本」を予定しています。2016年12月1日にユネスコ無形文化遺産に登録された大垣祭についても触れる予定です。いつかサークル参加してみたいとずっと思ってたコミケ、受かってたらよしなにお願いします...!

 

f:id:Reif_FHI:20170216222301p:plain

サークルカットです。
即売会毎に自分の中でテーマを設けて臨んでいるんですが、C92のテーマは"identity."だったりします。

----------
(個人的備忘録)
使用フォント
「@Reif_FHI」:こころ明朝体
その他:はれのそら明朝
----------